国境の南

Ruby, Railsメイン

Rails Tutorial以前 - Web系エンジニア入門レベルを達成するには -

Webエンジニアになりたいと思って、まずはじめに取り組んだのはRails Tutorialだったのだけれど
エンジニアを志して半年程経ったこのタイミングで色々と思う所があって、
同じ轍を踏む人が少しでも減ればと思い
初学者が効率的にWeb系エンジニアとしての入門レベルを終えるにはどうすればいいのかという形でまとめる

そもそもRails Tutorialとは

ちょっとしたサイトを作ったことがあって(=HTML, CSSを使える) 入力した数字の素数判定が出来る程度のプログラミング能力があれば*、
とりあえず解説を読み下して、TwitterモドキをRailsで作れる丁寧なチュートリアルサイトのこと

railstutorial.jp

*実際どうかしらん、Rails Tutorialに自分が初めて取り組んだ時のレベル感

Rails Tutorial いい点と悪い点

いい点

  • とにかく写経すれば、ログイン機能やフォロー機能のある、ちゃんとしたWebサービスをつくれる
  • デプロイはherokuだけど、サービスの全体感がつかめる
  • (人によると思うけど)「こんな感じなら自分でもいけそうやん!みたいな感じで開発への心理的なハードルが下がる
  • 動くものが出来上がるから楽しい

悪い点

  • プログラミングの基本、オブジェクト指向、データベースの仕組みや操作、Webの基本的な仕組み等は学べない

自分はこの本来学ぶべきことを殆ど全くやらないままに
Webサービスのチーム開発に参加して、雰囲気で表面的なところのコードを書いたりしていた
本質的な理解をしていないから、ググっても出てこない事をやろうとしただけですぐに躓くし
「何が分からないのかも分からない」状態に陥りまくった

こんな極端なのは他にいないと思うけれど、
仕事でちょっとした純rubyスクリプトを書いた時に「classってそもそも何なんや...」となってしまうレベルだった
Railsは雰囲気で動かせてしまうために、Railsから入った人はこの悪い点をこじらせやすいのではないかとも思う...

初学者におすすめの勉強順

「自分一人の力で、自分が作りたい(そんなに複雑じゃない)Webのサービスを作れる」というところをゴールとして
もし自分が過去に戻ったならこういう順番で取り組みたい(最終的にRails使う前提)

Rails Tutorial

  • 最初のモチベーションを上げてくれるという意味ではとても良い

プログラミング

オブジェクト指向とActive Recordパターンをなんとなく理解出来るところまで行くと、Rails Tutorial2周目が多少捗ると思う

DB / SQL

CD付 SQL ゼロからはじめるデータベース操作 (プログラミング学習シリーズ)

CD付 SQL ゼロからはじめるデータベース操作 (プログラミング学習シリーズ)

Javascript

上同様、CodeAcademyとドットインスールの入門レベルに加えて、この教本

JavaScript本格入門 ?モダンスタイルによる基礎からAjax・jQueryまで

JavaScript本格入門 ?モダンスタイルによる基礎からAjax・jQueryまで

再びRails Tutorial

ちなみに教本は読むだけだと無意味で、全部書いてみて動かすべき

まだ入門レベルの自分は、ここに書いてある教本に関しては全てやろうと思っていて、おすすめのものがあれば随時更新するかもしれない
techlife.cookpad.com

追記

Rails Tutorialでも同じことを言っている節がありました

このため、とにかくWebアプリケーションを書けるようになりたい方は、最初にRailsを学び、次にRubyを学んでから再びRailsに戻ってくることをお勧めします。

参考リンク

blog.sumyapp.com